メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2021年10月20日開会 (通算335回)

第1、第3水曜日0時より開催しています。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

コロナゼロ、カーボンゼロ、ポリオゼロに向けての奉仕活動

今回の実例会は、久屋大通庭園(通称フラリエ)で開催します。
RI会長シェカール・メータ氏は、今年度RIテーマを
「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」とされ、
国際ロータリー2760地区ガバナー沓名俊裕氏は、地区テーマを
「チェンジロータリー 新時代の成長に!」
~コロナゼロ、カーボンゼロ支援~ とされました。
それをうけ、愛知ロータリーEクラブの今年度テーマは、
『奉仕で広げよう 友愛の輪』としています。

より奉仕活動に力を入れることにより、ロータリークラブ会員相互や
域や社会施設とのより良い関係を築くことを目指しています。
今回の例会場である、ここ久屋大通庭園(通称フラリエ)は、当初「ランの館」として発足した
都市型庭園で、多くの方が都心にある緑豊かな庭園にご来場されています。
今回、愛知ロータリーEクラブの「コロナゼロ」への奉仕活動として、久屋大通庭園様に
「足踏み式消毒液スタンド」と「消毒液」を寄贈させて頂きました。
既に9月からご来場者の方々の
新型コロナ感染防止のためにご活用いただいております。
「愛知ロータリーEクラブ寄贈」の文字を入れることのご許可を頂き、
ロータリークラブの公共イメージ向上に少しでも貢献できればと思います。
この後、目録贈呈式を行い、久屋大通庭園伊藤悟所長様からの久屋大通庭園の概要について
卓話を頂く予定です。
また、会員有志に観葉植物の鉢植えを育てていただく事により、「カーボンゼロ」に貢献。
鉢植え代金の2/3をポリオ基金に寄贈して頂くことにより、「ポリオゼロ」に貢献する企画も致しました。
本日ご出席の会員の皆様には、鉢植えをお持ち帰り頂きますが、
ご都合で出席出来ないものの、「カーボンゼロ」、「ポリオゼロ」にご賛同いただいた方には、
明日到着で、鉢植えをお送りいたしました。
先月末のガバナー補佐訪問の際、梅村邦雄ガバナー補佐から沓名俊裕ガバナーの
「より奉仕活動に力を入れる」ご方針をお伝え頂いたところですが、
8月7日に実施いたしました大府市の共和西児童老人福祉センター様への奉仕活動と
今回の久屋大通庭園への奉仕活動など、当クラブの今期の活動は、まさにその方向で進んでおり、
梅村邦雄ガバナー補佐からもお褒めを頂いたところです。
引き続き、ロータリアンとして会員の皆様のご協力を得て奉仕活動を進めていく予定ですので、
宜しくお願い致します。


<愛知ロータリーEクラブ寄贈の名入りの足踏み式消毒液スタンド>



<久屋大通庭園伊藤悟所長より、感謝状を頂きました>

(↑上の画像をクリックすると目録贈呈と感謝状授与の様子の動画が再生されます)


<カーボンゼロへの取り組み この植物はマレーシアで暖房を使わず(CO2発生を少なく)育成したものです>
<左から、ドラセナコンシンネ、サンセベリア、アンスリウム、アナナス、セローム>



 <久屋大通庭園伊藤悟所長と当日出席の会員と記念写真>

メークアップ&スマイル



下記の、14名の皆様よりメークアップを頂きました。

塩之谷香様

丸尾謙二様

田邉俊治様

安藤順太朗様

磯村巌様

棚橋剛大様

川崎利男様

中村耕司様

角谷広高様

神谷強様

南鉉様

金森久様

豊田貴久様

佐々木康浩様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告


<ニコニコボックスのコメント 7名の方から頂きました>


青少年奉仕委員会より
 
前回334回例会、FB messengerにてご案内しております第30回地区RYLAセミナー開催の詳細、申込要綱が届いております。
 
詳細案内:
 https://rotary2760.org/dcs/upload/d_news/files/3103_2_.pdf?p=1


概要と申込方法:添付ファイル参照
「第30回地区RYLAセミナー概要と参加申込み方法」
 
参加者の推薦、ロータリアンとして参加ご希望の方、申込用紙など参加詳細をお知らせいたします。幹事または青少年奉仕委員長林まで連絡ください。※必要書類をメールで送ります。
また、定員に達し次第申込締め切りとなりますので、早めに連絡くださいますようお願いします。


吉原会員より野鳥の写真を頂きましたのでご紹介します

今回の野鳥はヤイロチョウです。
 
その名のとおりです。八色の色を持っている野鳥と言うことでしょうか。
滋賀県高島市の山の中でヤイロチョウが子育てをしているとの一報をもらいましたが、
個人的な都合ですぐに動けませんでした。
焦りましたが少し遅れて現地入り、夜中の2時に現着。少し小雨が降って
おり、東京からもカメラマンが数名来ていました。
全員一緒に山の中へ入り、暗闇でカメラをセット。夜明けを待つことにしました。
所がいつまで待ってもヤイロチョウは出てきてくれません。
周りが明るくなって、雨が止んだ午後2時半にやって来たのが下の写真です。
カメラマン全員で近くに来るまでシャッターを切らないとの紳士協定を結んでの撮影と
なりました。たった一羽のヤイロチョウですがやっと撮れたものです。

場所は滋賀県高島市朽木と言う所で、昔は公園でしたが今はなくなっています。
荒れてしまった森、林に野鳥がやって来たようです。
夏鳥で5月から9月ごろまで日本にいます。そして子育てを終え南方に帰って行きます。

お立ち台に上ったヤイロチョウ。
撮影距離は10mぐらいです。大きさはスズメほどでとても小さい。


餌を探して地面に降りてきました。
綺麗な鳥ですが食べ物はミミズ等です。見ると少しショックですね。
ミミズをくちばし一杯に咥えて巣に運ぶ姿は・・・厳しいです。


下の写真は一番近くで撮影したものです。距離は約5m。
羽の美しさが良く解ります。
尾は短く、ずんぐりした体形です。鳴き声はポポピー、ポポピー。
林で鳴き声が聞こえたら近くにいるかも知れませんね。

特に子育て時期は神経質で近寄ると巣を放棄することが多いそうです。
鳴き声を楽しみたいと思います。

 

卓話

久屋大通庭園(フラリエ)の紹介

久屋大通庭園所長 伊藤悟 氏


 改めまして、一言お礼のご挨拶をさせて頂きます。
この度は、久屋大通庭園フラリエの来園者の皆様の安全と安心を守るためにエントランスホールに
足踏み式消毒液スタンド一式及びアルコール消毒液1ダースを寄贈して頂きました。

謹んで、受領させて頂きますとともに感謝を申し上げます。
 今後は、来園される多くの皆様方がご利用になり、
衛生的な環境の中で庭園をご利用いただけるようになることと思います。

 愛知ロータリーEクラブ様の益々のご発展を祈念いたしますとともに、会員の皆様がこのフラリエを
一層ご利用いただきますようにお願い申しげましてご挨拶とさせていただきます。
 本日はどうもありがとうございました。

<久屋大通庭園伊藤悟所長>

(↑上の写真をクリックすると卓話の動画が再生されます)

所長の伊藤でございます。
ここは、二十数年前「ランの館」としてランの花を展示するために建てられた建物です。
ちょうど、皆さまがお座りになっている場所は、胡蝶蘭の大きな鉢植えが展示され、
周りは池になっていました。

壁面は緑に覆われ、一番の特徴は天井が高くガラス張りで太陽光が十分入り、
ランの栽培に適した設計になっています。
8年前「フラリエ」に変わってからは入園無料となり、ランの花だけではなく、いろいろな花を展示、
また即売をしています。今日は多肉植物のフェアを行っています。
季節によってクリスマスローズ、バラ、食虫植物、椿などをお楽しみいただいています。
その他、建物の紹介ですが、
右手後ろ2階がイタリアンレストラン、1階がパティシエ特製タルトの美味しいカフェ、
その奥にフラワーショップのKEIKAEN, 隣の建物にエアプランツなどを扱うお店と
ウエディングのチャペル・親族控室があります。
次にお庭をご案内します。

まず、こちらのテントでは手ぶらでバーベキューが楽しめ、レストラン感覚で都心のお庭で食べることが出来るので
大変人気の高い場所となっています。
次は、ガーデンの中でも特に作り込まれているハーモニーガーデンです。
数多くのカラフルな植物、焼き物のオプジェなどで彩られています。
池の周りのウオーターガーデンに方に歩いてまいります。
池の中央に今年初めて植えた大きな丸い歯のパラグアイオニバスがあります。
より真っ暗でないと種子が出来ないので、池側の証明に覆いをして暗くしています。
少し進んで緑のこんもりしたところがあります。
ここを野鳥や蝶の集まる場所にしようと今年からバタフライガーデンとして、
蝶の好む野菜の苗を子供たちと植える活動を始めました。
今後、ミカンなどの柑橘類、山椒、色の綺麗なアサギマダラが集まるフジバカマなどを植える予定です。
池をほぼ一周してきましたが、池の水を循環させて流れる滝があります。
この先、チャペルがあり、挙式をされた新郎新婦は、列柱やアーチを歩くことがありますので、
皆さま、お知り合いの方にお薦め下さい。
これで、フラリエの紹介を終了します。
今後とも、皆さま、フラリエに是非お越しください。










 
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm