メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2021年8月18日開会 (通算331回)

第1、第3水曜日0時より開催しています。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

今月8月は、会員増強月間です。
ロータリークラブの会員が増えていかない中、ロータリーの品格を保ちながら新たな会員が入会しやすいよう工夫が必要と思います。
今期、愛知ロータリーEクラブでは、新たに2名の会員をお迎えいたしました。
男性会員11名、女性会員6名(今期入会2名含む)、会員総数17名となりました。
当クラブは、Eクラブですので通常例会はWeb上での開催です。
月に2回の例会開催にWeb参加して頂き、例会内容にコメントして頂き出席となりますので、ロータリー活動が時間的制約で難しかった方にも参加しやすい仕組みとなっています。
Eクラブですので通常例会はWeb上であっても、
月に一度は会員同士顔を合わせての例会や奉仕活動を行う事により、会員同士の親睦を図っていますが、
会員が出席しやすいように実例会や奉仕活動は、土曜日開催を中心として行い
平日開催する場合は、18時以降の開始としています。
今期は、クラブ細則の会員規定に家族会員、法人賛助会員を加え入会の間口を広げました。
家族会員は、会員の配偶者、子、孫、兄弟。

法人賛助会員は、会員が所属する法人から更に1名入会が可能といたしました。
より多くの方々と共にロータリークラブの理想に向かって進んでいきたいと思います。
今期の当クラブのテーマは『奉仕で広げよう 友愛の輪』です。
8月7日(土)、当クラブの奉仕プロジェクト委員会、社会奉仕委員会主催の奉仕活動として、
大府市にある社会福祉法人大府市社会福祉協議会・共和西児童老人福祉センターへの消毒液・タオル・文具の寄贈を行いました。
暑い日でしたが、9名の方が参加いただきました。

詳細は委員会活動で報告いたしますが、多くの会員が奉仕活動にご理解いただき、タオル、文具などを持ち寄られご参加いただいたことを嬉しく思います。
また当日参加できない方も、文具などを前回例会の際にお預け頂きました。
会員の皆様に感謝申し上げます。
昨年度まで行ってきた、当クラブの奉仕活動は、
日本貿易会の国際貢献活動のためのNPO法人・国際社会貢献センターが、独立行政法人日本学生機構が保有する
海外百か国近くからの留学生を受け入れる宿泊・教育施設である東京国際交流会館(学生数1,000名)、兵庫国際交流会館(学生数200名)の中で、春と秋に開催する留学生生活支援バザーに衣服、文具を寄贈しておりました。
2018年度から継続しておりましたが、昨年度春から今年度春のバザーまで、4回連続して新型コロナ感染防止として中止となりました。
今年度秋のバザーの開催は未定ですが、再開されれば青少年奉仕委員会、国際奉仕委員会の活動として引き続き、継続して行う予定です。

ロータリークラブの活動として奉仕活動は、最も大切なことの一つです。
引き続き会員全員で、奉仕について考えていき、行えることから実践していきたいと思います。

幹事報告

【クラブからのお知らせ】
8月25日 茶話会 
 場所:JPタワー35階 13階 ミーティングルーム
 時間:18時30分~19時30分 

9月4日 第333回例会 米山梅吉記念館訪問
  11時集合  うなぎ桜屋
  13時~14時 米山梅吉記念館にて例会  
  14時    記念館見学

【21-22ガバナー事務所】
ワールドフード+ふれ愛フェスタ(WFF)開催延期のご連絡

メークアップ&スマイル



下記の、5名の皆様よりメークアップを頂きました。

野村裕芳様

林友信様

三浦康彦様

月成守康様

宮本周司様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

奉仕プロジェクト委員会・社会奉仕委員会報告
 
社会福祉法人大府市社会福祉協議会・共和西児童老人福祉センターへの消毒液・タオル・文具等を寄贈しました。


(上の動画をクリックすると寄贈風景の動画が再生します)
https://youtu.be/nFDM-eCcOCE

日時   2021年8月7日 11時
場所   共和西児童老人福祉センター 梅村明世館長
     大府市共和町7-119
出席者  天野元成、天野恭子、稲熊茂男、大野真以、鬼丸道代
     尾野英二、中川洋二、森俊明、山下惟人(あいうえお順)9名
     (当日出席出来ない会員からは、7月28日例会の際に寄贈品を託されています。)



共和西児童老人福祉センターは、地区の児童、老人が集う拠点として多くの活動を行っています。
ホームページによりますと 自由参加遊びサークル「あんぱんまん」 (就学前児童の遊び広場) 「あんぱんまんぷらす」 (親子で楽しむ製作、音楽遊び、読み聞かせ) 子ども体育教室 子どもくらぶ (卓球、囲碁、将棋、抹茶、ダンス、ハンドベル) ファミリークラブ「きらきらぼし」 <親子クラブ><趣味サークル> 老人趣味クラブ(卓球、囲碁、将棋、茶道、陶芸など多数)  
コロナ下、来館者の感染防止は最重要事項ですので、 消毒液アルボナース 1リットルを1ダース12本。 清掃用にタオル、雑巾 を寄贈致しました。
また、来館する子供たちのために、 筆記具、ノート、折り紙、工作用粘土など を寄贈致しました。
 
寄贈目録と共に寄贈品を愛知ロータリーEクラブ天野元成会長より、
共和西児童老人福祉センター梅村明世館長にお渡しいたしました。





共和西児童老人福祉センターには、地元の鬼丸会員の社員のお子さんや天野会員の孫もお世話になっており、当日も来館していました。



梅村館長と共に愛知ロータリーEクラブ会員との記念写真です。

 
 


吉原照芳会員よりステキな野鳥の写真を頂きましたのでご紹介します

野鳥紹介、今回はサンコウチョウです。
夏場に南方から繁殖の為、本州以南にやってきます。特に繁殖期の雄にはひらひらと長い尾羽が特徴です。もう一つはコバルトブルーのアイリングです。ホイホイホイと鳴き優雅に飛び回ります。
上は雄、ヒナに餌を運んでいます。   
岐阜県、三田洞にて撮影。


下は雌です。少し地味ですが・・・。南に帰る時は、雄の尾羽は切れて短くなります。
協力して子育てをし、一緒に南方に帰っていきます。

毎年来てくれることを祈りたいと思います。

 

卓話

読書

愛知ロータリーEクラブ 中川 洋二
趣味は何ですか、と聞かれることがあります。その時は読書、特に歴史もの、旅行、模型つくりと答えてきました。でも、考えてみると広く、浅くで済ませてきた様な気がします。
最近、時間もできてきたので幅広く本を読んでみようと思うようになりました。
そこで、どんな本を読もうかと思った時、テレビ番組で本の解説を扱っているケースや、ラジオ番組の中で本の紹介がされる番組があることを知りました。自分から何を読もうかと迷っていましたので、そこで紹介された本を優先的に読んでみようと思いました。中には若いころ読んだ本もあったり、敬遠していた本もありました。すべてが読める訳ではありませんが優先度を上げて読むことにしました。たとえば「赤毛のアン」「モモ」などから「カラマーゾフの兄弟」「ペスト」「資本論」「論語と算盤」などです。
最近読んだ本の中で考えさせられるケースが増えてきました。AI技術が進んできてAIロボットが子供の遊び相手になっていく。その中で子供のクローンを作ろうとするシーンも出てきました。また、差別についても時代背景も含めていろいろな差別の姿が書かれている本もありました。また、異次元的な感覚の本もありました。最近新聞にも載りましたが、安城の高校生の夢を題材にした本です。最近、本をよく読んでいる方から、中国古典の本は漢字の意味のとらえ方の大切さを教えていただいたこともあります。
同じ本でも年とともに感じ方が変わるといいます。そんなことを考え、若い時に読んだ本も読み返そうと思っています。
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm