メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2021年6月2日開会 (通算326回)

第1、第3水曜日0時より開催しています。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

6月の第一例会です。今月は「ロータリー親睦活動月間」です。一年の年度末に
皆さんと親睦を深めようとしていた矢先、愛知県の緊急事態宣言が延長されました。残念ですが、今期最後のフォーラムは中止、理事会はZoomで行いますのでよろしくお願いします。

 先日、急ではございましたがインドコロナ支援のお願いをいたしましたところ、皆さんのご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

 今年度も残り約1ヶ月となりました。クラブとしてこれはと言える活動ができなかったことがとても残念です。早くワクチン接種が浸透し来期は皆さんと直にお会いできる事を願ってやみません。

 今月のRI会長のメッセージです。

 

2020年1月に「ロータリーは機会の扉を開く」という会長テーマを発表し、ロータリーには変化が必要だとお話しした際、これほど早くに変化の波が押し寄せるとは誰も思ってもみなかったことです。しかし、私は昔から困難を機会としてとらえてきました。今年、この新たな機会に、私たちはロータリーのあり方をふたたび模索しました。長年、ロータリーの柔軟性と適応性を高める方法を検討し、いくつか実験も行ってきましたが、今年は誰もが実験し、そして成功を収めたのです。オンライン会合は今やどのクラブでもと取り入れられ、クラブは世界中から例会にゲストを招いています。

世界中のロータリーファミリーと知り合うのを何より楽しみにしているスザンヌと私にとって、皆さまと直接顔を合わせてお会いできなかったこの1年はさみしいものでした。それでも、私にとっては新しいロータリー体験が得られる年となりました。世界中をバーチャルに旅したのです。こうならなければ出会えなかったはずの何千人ものロータリアンと出会うことができました。エバンストンの会長室に足を踏み入れなくても会長として任務を果たし、しかも旅費の節約にもなる新しい方法が見つかりました。

2020-21年度に私たちが出会ったのは、機転がきき、適応性が高く、創造的なロータリーでした。次の段階は、パンデミック以前のやり方に逆戻りすることではありません。先に進まなければならないのです。オンライン例会を通常形式とするなど、新しい活動方法や機会を提供するために、今年学んだことを活かしていきましょう。

クラブの力を保つためには、あらゆるレベルでロータリーをより若く、より多様にしていかなければなりません。多様性が意味するものは地域により違いますが、ぜひあらゆる背景の人びとを会員として歓迎してください。また、女性会員を増やし、その役割を強化することもひとつの手立てです。

ローターアクトクラブを対等の存在としてみなすロータリアンが今では多くなったことは非常に喜ばしいことです。ローターアクトクラブをあらゆる活動に招きいれて、今後もこの認識を広めていきましょう。若いリーダーに働きかける機会を無駄にすることなく、ローターアクトと連携して、数多くの新しいアプローチに取り組んでいきましょう。

ロータリーが新型コロナウイルスワクチンの公平な配布の呼びかけや誤情報との戦いなどを通じて予防接種キャンペーンを支援し、パンデミックと戦っていることを心から誇りに思います。一方、ポリオ根絶に向けて今後も全力で取り組んでいかなくてはなりません。そして今、環境問題という新しい重点分野に取り組む機会も誕生しました。

「ロータリーは機会の扉を開く」と初めて宣言したあの日と今日では、世界は大きく異なります。この1年でロータリーがこれほど大きく前進したことを誇りましょう。そして今後も前進を続けていく中で、クラブやクラブの仲間たちを大切にしていきましょう。ロータリーの命であり、さらなる繫栄をもたらしてくれる大切な存在です。

この特別な年度、「超我の奉仕」の新たな意味を模索するこの年に、ロータリーに奉仕する機会が得られたことをスザンヌとともに感謝しています。ロータリーは、理念を実践する人びとのコミュニティだと思っています。この苦難の時に、奉仕をこれまで以上に重視しなければならないことは明らかです。今こそ、超我の奉仕がロータリアンにとって何を意味するかを世界に示す機会なのです。

世界を変えるためにロータリーが力を貸せる数多くの機会が今後も控えています。ともに手を伸ばし、さらなる高みに達するために機会の扉を開いていきましょう。扉を開いて新しい考えを受け入れれば、頭も心も開かれていくものです。私たちのすべての行動がどこかで誰かに機会をもたらすことをどうかお忘れなく。


 

メークアップ&スマイル

下記の皆様よりスマイルボックスを頂きました。

愛知ロータリーEクラブ 鬼頭佑介君
「インドコロナ」



下記の、9名の皆様よりメークアップを頂きました。

鈴木一正様

西脇隆様

高橋正之様

二村寿泰様

豊田貴久様

横山昌幸様

橋口久様

村井睦彦様

田畑和紀様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

卓話

6月23日から29日までは「男女共同参画週間」です

愛知ロータリーEクラブ 大野 真以



男女共同参画社会とは?
私たちが生活している学校、職場、地域、家庭などで、それぞれの個性と能力を発揮して、性別に関わらずあらゆる分野で活躍できる社会を「男女共同参画社会」といいます。
そして、その実現のためには、町民の皆さん一人ひとりの意識を変えていくことが大切です。ぜひ、この機会に「男女共同参画」について考えてみませんか?


男女共同参画週間とは
男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指し、国が毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」としています。


なぜ男女共同参画を進めなければならないの?
現在の日本では憲法に男女平等がうたわれているにもかかわらず、政策・意思決定過程への女性の参画率の低さ、男女間の賃金格差、育児・家事へ参画する男性割合の低さなど多くの問題があり、日本の男女共同参画社会実現は未だ道半ばにあると言えます。


男女共同参画社会を実現するために
「男女共同参画社会基本法」では5つの基本理念を掲げています。









出典:男女共同参画社会とは? |国立女性教育会館 (nwec.jp)


国や県の取組
国では、男女共同参画社会基本法に基づき、施策の総合的かつ計画的推進を図るため、令和12年度末までの「基本認識」並びに令和7年度末までを見通した「施策の基本的方向」及び「具体的な取組」を定めた、第5次男女共同参画基本計画~すべての女性が輝く令和の社会へ~を策定しました。

参考:第5次男女共同参画基本計画~すべての女性が輝く令和の社会へ~(令和2年12月25日閣議決定) | 内閣府男女共同参画局 (gender.go.jp)


愛知県では、人口減少や高齢化の進行、頻発する大規模自然災害等の社会情勢の変化や、国の「第5次男女共同参画基本計画」の趣旨を踏まえつつ、令和3年3月に「あいち男女共同参画プラン2025」を策定しました。

参考:「あいち男女共同参画プラン2025」を策定しました - 愛知県 (pref.aichi.jp)


ロータリーの女性会員
1989年の規定審議会でRI定款に変更が加えられ、ロータリーのすべてにおいて「男性に限る」の規定を削除することが票決されました。それ以来、世界中のクラブや地区で女性が会員となり、リーダーとして活躍しています。
翌年の1990年には女性のロータリアンの数が2万人以上に跳ね上がり、2010年7月までに、その数は世界で195,000人となり、2020年7月には277,000人を超えました。
そして、2022‐23年度国際ロータリー会長として、ウィンザー・ローズランド・ロータリークラブ(カナダ、オンタリオ州)会員のジェニファー E. ジョーンズ氏が指名され、ほかの対抗候補者が出ない限り、ジョーンズ氏は10月1日に正式に会長ノミニーとなります。これは、115年に及ぶロータリーの歴史で初のことです。

 ロータリー初の女性会長ノミニーにジェニファー E. ジョーンズ氏 | Rotary International
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm