メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2020年10月21日開会 (通算311回)

第1、第3水曜日0時より開催しています。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

  急に寒さが訪れるようになりました。今年は最近まで比較的暑い日が続いていましたので寒暖の差に気をつけてください。
20日は一年に一度の「ガバナー訪問」です。この挨拶が出る前日ですが参加される方はよろしくお願いします。今年度は都合が
つかずやむなく欠席の方も次年度は是非、出席してください。

  第一例会でも触れましたが今月は米山月間です。これは日本だけの扱いですが是非みなさんも米山への寄付をお願いいたします。どうしても高額な寄付でないといけないような思いがありますが少額からでも構いませんのでよろしくお願いいたします。

 24日は月に一度のクラブフォーラムです。みなさんにお会いする数少ない機会ですので出席して下さい。
 

幹事報告

【20-21ガバナー事務所】
 ロータリー希望の風奨学金への支援協力についてのお願い
 今年度もご協力をお願いいたしたく添付にてご連絡いたします。
 なお、この奨学金の詳細は
 ロータリー東日本大震災青少年支援連絡協議会 HP(http:kibounokaze.com/index.htm)及び
 ロータリーの友9月号(横組み24~27ページ)にてご確認いただけ ます。

【地区】
 2020-21 年度 第10期「2760地区RLI会長エレクト研修」パートⅡ のご案内  
受講対象者 会長エレクト:天野さん
  ◆日時・場所  2020年11月15日(日) 10:00-16:00
   星城大学 名古屋丸の内キャンパス
   名古屋市中区丸の内1丁目4番10号
 
【東尾張分区】
 20-21年度IM中止のご連絡
【財団】
「END POLIO NOW」マスク購入ご協力のお願い  

メークアップ&スマイル



下記の、15名の皆様よりメークアップを頂きました。

山下一彦様

泉谷正紀様

野村裕芳様

岩崎友就様

横山宜幸様

小川秀文様

鈴木忍様

イトウキヨタカ様

堀田昌義様

猪子恭秀様

青山周平様

坂井則夫様

鳥居守様

伊藤祐人様

昆享康様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

卓話

みなさんは、年賀状出されますか?

愛知ロータリーEクラブ 森 俊明
10月も中旬を迎え、あっという間に寒くなってきました。いよいよ冬の到来ですね。
この時期、私たち印刷会社では、年賀状のデザイン準備を粛々と進めております。
 
ところで、みなさんは年賀状を出されますか?本日は年賀状の歴史や現状などをご紹介いたします。
 
年賀状の歴史は古く、現存する日本最古の年賀状といわれるのが、平安時代の藤原明衡が作った
手紙の文例集『庭訓往来』の中にある正月の文例。
「春の始めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」(春始御悦向貴方先祝申候訖)とあります。
 
同時に平安時代頃からは年の始めにお世話になった人や親族の家をまわって挨拶をする「年始回り」の
習慣も広まりました。江戸時代になると付き合いが広くなり、書状で挨拶を済ませることも増え、新年を祝う書状を届けるのに飛脚が活躍しました。また、この頃には玄関に「名刺受け」を設置し、不在時にはお祝いの言葉を書いた名刺を入れてもらうという簡易スタイルも登場。現在でも仕事の年始回りでは「謹賀新年」など賀詞入りの名刺を使うことがあります。このように、年始回りを簡略化したものが年賀状のルーツだといわ
れています。




また、現在の年賀はがきが最初に発行されたのは、1949年で約1.8億枚でした。
ピークは2003年の約44.6億枚。今年の2020年発行・2021年用の年賀はがきは、日本郵便の
発表で19億4198万枚だそうです。
 
インターネットの普及率が今後も上昇を続け、デジタルネイティブ世代が次々と成人化するに連れ、
年賀はがきの需要は今後も減少し、発行枚数も減らさざるを得ない事態が続くものと考えられます。
時代の成り行きとはいえ、寂しさを覚える人もいるのではないでしょうか?
 
一方、昨今ではインターネット経由で直接住所や名前を知らない、ネット上の知り合いにも紙の
年賀はがきを出せるサービスがそくぞくと提供され、切り口次第では、年賀はがきの需要の底上げに
なるかもしれません。
 
また、20代から60代の主婦を対象に行った下記のようなデータも出ています。
 
「2020年の年賀状を送るつもりですか?
(但し、はがきで送る年賀状のみを指し、メールやLINE等での挨拶は含まない)」という質問に対して、
「送るつもりである」(44.5%)
「おそらく送ると思う」(20.9%)
 
2020年の年賀状を送る予定の相手を尋ねたところ、
「家族・親戚」(84.0%)
「学生時代の友人」(79.0%)
「ママ友」(42.9%)
 

 
年賀状は日頃顔を合わせているママ友と比べると、会う機会が少ないと思われる人に対して、多く送っている傾向にあるようです。
 
2020年の年賀状を送る相手と、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSとの関連性を
見てみたところ、「SNSで少し繋がっている」(36.3%)
「おおよそ半数以上は繋がっている」(29.1%)
「まったく繋がっていない」(11.3%)

 
 
年賀状は、SNSで繋がっていて日常の動向がある程度共有できている人以外にも送られることが予想されるようです。
 
年賀状を送ろうと思う理由については、
「あまり会えない人と連絡が取れる」(57.8%)
「SNSとは違うやりとりができる」(27.3%)
 
近年はLINE等で新年の挨拶を交わすことが多くなっていると思われるものの、一方で、年賀状は、
それとは異なるコミュニケーションが取れると考えている人も多いことが見て取れます。
 


 
現在は、メールやSNSが全盛の時代です。
こんな時だからこそ、お世話になった人へのあいさつに改めて年賀状を出してみてはいかがでしょうか? 
 
パソコンで自作するのも良いと思います。印刷屋が言うのも何なのですが、ただ印刷された年賀状を
そのまま出すのではなく一言、手書きを添えて出されてみてはいかがでしょう?
 
きっと新しい年の、暖かい気持ちがダイレクトに伝わるのではないでしょうか?
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm