メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2020年10月7日開会 (通算310回)

第1、第3水曜日0時より開催しています。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

10月になりました。ずいぶん涼しくなりました。朝晩の温度の差が激しいので充分お気をつけ下さい。
10月は米山月間です。当クラブの長年の懸案事項の記念館訪問もなんとかして今期中には実現したいものです。

それと共に今月は学友参加月間です。当クラブではローターアクト出身者は全て学友の資格がありますので是非、My Rotaryから登録してしてください。
みなさん、My Rotaryを覗いてみてください。自分のプロフィールも確認してください。役職者でないと見られないページもありますが、必ずアクセスしてください。遅くなりましたが、クラブの人事の変更もいたしました。

今月は20日にガバナー訪問も開催されます。一年に一度の直接ガバナーにお目にかかれる機会ですので是非、ご参加ください。

今月のRI会長のメッセージです。

先日、ロータリアンとローターアクターとZoomミーティングを行ったのですが、画面上の皆さんの笑顔を見つめながら、ロータリーが短期間でどれほど大きな変化を遂げたかを思わされました。ロータリーが"オールド・ノーマル"(以前の常識)に二度と戻ることがないのははっきりしています。それは、胸躍るチャンスだと思うのです。

ロータリーを見直し、作り直す中で、革新と変化があらゆるレベルで起こっています。新たな柔軟性がデジタル文化と融合して、これまでに見たことのないような変化を引き起こしています。レベッカ・フライさんのようなロータリアンには学ぶところが大いにあります。まだ31歳ですが、ロータリーでの経験はすでに15年というベテランです。

「ロータリーは、世界を変えるための素晴らしいプラットフォームだと思います。最大の影響をおよぼすには、人びとが世界に変化を起こすための力を彼らに与えることだと私は信じています。RYLAとローターアクトで、そして今、新しく設立したEクラブであるソーシャルインパクトネットワークの初代会長として、リーダーシップについて学んできました。

新クラブ創立のカギは、ロータリープログラムの学友に働きかけることです。ローターアクターなどの学友には、ロータリーに入りたいと思っていても、自分に合ったロータリークラブが見つからない人もいる、ということはうちのクラブが証明しています。23歳から41歳の会員が31名いますが、そのほぼ全員がロータリープログラムの学友です。

大事なのは、プライベートや仕事上の目標にロータリー活動を組みこむこと。このクラブを創立するにあたって、会員にとっての価値に重点を置いた、会員に合わせた新しいクラブのモデルを確立することにしました。また、ロータリー親睦活動やロータリー行動グループなどの国際的パートナーシップを生かして、クラブを超えた活動ができるようにしました。

24時間体制で会員の関心事に応えられるように、Microsoft Teamsを使ってオンラインで例会やプロジェクトの大半を行っています。これはまた、会員があるひとつの地域に限定されないということも意味します。会員の多くがオーストラリア在住ですが、中にはドイツ、イタリア、メキシコ、タンザニア、米国在住の会員もいます。

そして、プロジェクトの影響を測ることも非常に大事です。今年のPlastic Free July(プラスチックを使わない月間)では、プラスチック使用を減らすために一人ひとりができることを伝える意識向上キャンペーンを実施し、6,000人以上に働きかけました。どこでも誰でも参加できる、たしかな成果が得られるプロジェクトです。うちのクラブを通じて、人びとがともに新しい類のロータリー体験を得ていることを誇りに思っています。今後のことを思うと楽しみで仕方ありません」

どのロータリークラブも、レベッカさんのクラブのように変革的なクラブになることができます。クラブを信じて、彼らに学び、支援しましょう。ロータリーの変化は草の根レベルで起こります。変革を推しすすめるのはクラブです。クラブが、新しいロータリーのありかたを見つけていくのです。

変化は絶え間なく起こり、多くの分野でまだやるべきことがあります。さまざまな背景を持つ人びとの貢献を称え、少数派の人びとを応援し、彼らが会員やリーダーとしてロータリーに参加する機会を増やしていくのは重要なことです。

ロータリーがより多様な人びとを歓迎し、より重要な存在となり、誰にとってもより一段と楽しい活動になるようにするためのツールなら、私たちの手中にあります。今こそそういうツールを活用しましょう。そうすれば、ロータリーは私たちにも、そしてまだロータリーを知らない人びとにも、機会の扉を開いてくれるのです。



 

幹事報告

【地区からの連絡】
2020-21年度・第3回公共イメージ向上委員会会議

 名称 2020-21年度・第3回公共イメージ向上委員会
 日時 令和2年10月26日(月曜日)16:30〜
 場所 ガバナー事務所会議室 担当:稲熊さん

【クラブ内報告・連絡】
10月20日(火)ガバナー公式訪問時間の変更のご案内 
     場所:名鉄小牧ホテル 駐車場のご案内

10月24日 16:00~理事会
     17:00~クラブフォーラム  場所:メディアアート
※出欠は10/18までにイベントページで出欠の回答をお願いします※

10月のロータリーレート 105円

【財団】財団室NEWS 2020年10月号

メークアップ&スマイル



下記の、14名の皆様よりメークアップを頂きました。

渡邊浩一様

小澤陽一様

金子豊久様

土屋和哉様

鈴木一正様

大岡隆洋様

野村裕芳様

新村淳彦様

堀田昌義様

曽里裕様

近藤純子様

鈴木圭介様

都築浩介様

中林久美様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

【青少年委員会からの連絡】
2020-21年度 第29回RYLAセミナー開催のお知らせ
※参加者募集いたします。
担当:青少年奉仕委員長 林佳代子 

卓話

活躍する女性

愛知ロータリーEクラブ 林 佳代子
活躍する女性
 
近年、当地名古屋をはじめ世界中で活躍する女性がかなり増えてまいりました。
有難いことに様々なご縁で、素敵な女性たちにお付き合いいただいています。
皆さま、とても輝いていて素敵な方ばかりです。そんな素敵な女性たち、次世代に向け更に飛躍しようとしている女性をロータリアンの皆さまにご紹介したいと思い、私の友人「活躍する女性たち」と題し、シリーズ化しようと思っておりましたが、お一人目の紹介から随分時が過ぎてしまいました。
やっとお二人目をご紹介することができ、卓話をいただきました。
名古屋・東区主税町の料亭「香楽」の若女将 伊藤善子さまです。
 
 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

『料亭の楽しみ方』  
 
皆様は、「料亭」にどのようなイメージをお持ちでいらっしゃいますか?
 
やはり「料亭=敷居が高いお料理屋さん」でしょうか?
そして、企業の接待や、政治家が秘密の会合を行うような密室感がたっぷりのお座敷で、綺麗な芸妓さんや舞妓さんの接待がうけられる・・・
昔からのしきたりにとてもうるさくて、格式を重んじて堅苦しい、
なのに、お値段がとっても高いお店。というようなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
 
ウィキペディアによりますと、「料亭とは、主に日本料理を出す高級料理店である。」と、定義されております。列記いたしました一般的なイメージも、決して間違ってはおりませんが、料亭とは、基本的にはいわゆる飯屋さんです。
お客様にお食事を楽しんで頂く場所なのです。
 
美味しいお料理を食べるのであれば、気楽に行けるカウンター割烹や、レストランのほうが肩肘張らずにすむし、お料理も数段に美味しい!という、厳しいご意見も多々あるかと存じます。
 
でも、料亭には料亭でしかできないお食事の楽しみ方ございます。
 
料亭は、ただ、高いお金をいただいて、贅を尽くしたお料理を提供するだけの場所ではありません。端正こめてお手入れされたお庭や建物のたたずまい、
床の間にかけられたお軸や、主人や女将により生けられた季節のお花、
さりげなく飾られた調度品、時には芸妓によるおもてなしもうけられる、
飲食に関する日本文化が集結した、まさに総合芸術の場です。
 
料亭ではお料理そのものはお楽しみの一部であり、それが全てではありません。建物やお庭、床の間のしつらい、お食事を彩る器など、みなそれぞれにストーリーがあり、お食事をより一層お楽しみいただけるよう、驚きを演出しております。 それらの、大切な文化を揃えた料亭は、お料理を美味しく召し上がっていただくための、ワンダーランドです。(笑)
 
そんな料亭ですが、敷居も高いし、値段も高いし、しきたりも厳しそうだし、何よりも堅苦しい雰囲気だから立ち振る舞いが心配でというお声もたくさんうかがいます。
 
マナーとは、周囲の方々に不快な印象を与えない気遣いだと思います。
これは料亭に限らず、どのような場でも、特別なことは必要なく、周りの方々を気遣い思いやる、その気持ちが立ち振る舞いにつながると思います。
 
ここで、いくつかよくお尋ねいただくことを挙げてみます。
 
1.お玄関で
 靴は前向きにぬいで上がられ大丈夫です。そして、下足番がいたしますので、お脱ぎになられた靴はそのままで、あえて向きをかえたり、場所をずらしたりして頂くことも必要ありません。前向きであがるお玄関で、お出迎えの方々にお尻をむけられことなく、堂々と靴を前向きでお脱ぎになり、お玄関をお上がりください。


2.お部屋でのご配席
 お座敷のお席には、上座・下座がございます。床の間やお庭の位置などで判断できることが多いのですが、もしわからなければ、仲居におたずね下さい。
 また、お客様へのご配膳の順番などありましたら、あらかじめ、お知らせいただけますと大変ありがたく、また当日もスムーズに進行できると思います。


3.お食事の際
 お椀や煮物など、いわゆる蓋のついた器が出された場合、食べ終わったあとは蓋をどうするの? 
 ズバリ! 元にもどしましょう! 
 食べ終わったことをお知らせするために、蓋を開けたままにしておく必要も、蓋を裏向けて入れておく必要もございません。 お召し上がりになったかどうか不明な場合は「お済みでいらっしゃいますか?」と、一言おたずね致します。 お椀の蓋などの豪華な蒔絵が施されたものは、裏返すとピタッとついてしまったり、また、蒔絵に傷がつくこともございます。 
 また、召し上がった器を重ねたり、お膳の外で重ねてくださったりと、片付けやすくするなどのお気遣いも、実は、不要なのです。 
いしものと、つちものを重ねてしまうと、これまた傷ついてしまうこともございます。どうぞお出ししたようにお戻しください。
 
 本来は、お好きなように、お好きな方々と、召し上がっていただけたら良いと思います。でも、ほんの少しだけ、気にしていただけたら、ご本人様も、他のお客様も、気持ちよくお食事のお時間を楽しんでいただける、そんなことがマナーだと思います。


4.料亭でお食事することになったら
 まず、ご予約の際には、色々な情報をご提供ください。食材のアレルギーやご嗜好はもちろんのこと、その会食はお祝いなのか、お仕事の打ち上げなのか、懇親目的のご会食なのか、など。同じお祝い事でも、お軸や器、お料理などが変わりますし、そういったことができるのも、私ども、料亭側の喜びでもあります。 ですから、できるだけ詳しい情報をご提供いただけると嬉しいです。初めてのお店で、ご心配な場合は、是非、お下見にお出かけいただき、色々とご相談されるとよろしいかと思います。
 
 女将や仲居さんはお客様の心強いパートナー・味方です。百戦錬磨の女将や仲居は、料亭接待のエキスパートです。
 まず、何かわからないこと、困ったとき、などには、お気軽に仲居や女将にご相談ください。
 ただし、料亭では、他よりも高い料金を頂くので、一流ホテルのサービス同様に、融通やサービスを期待されてお申しつけになるのは当たり前のことですが、これは、単なる個人のわがままとは違いますので、ロータリアンの皆様には、そのあたりのさじ加減がおわかりになる 素敵な紳士・淑女でお願い致します。(笑)
 
 
 さて、なかなか書ききれない、料亭の楽しみ方ですが、少しは料亭に親近感をお持ちいただけましたでしょうか?
 
 どうぞ、皆様、一度、料亭にお出かけになってみてください。
 そして、実際に、お料理についてはもちろんのこと、建物や器、掛け軸やお花、お店の歴史などについて、色々と興味をもって、おたずねしてみてください。 
 
 料亭をお楽しみになりたいというお客様のお気持ちに応えて、接客するのも料亭の使命です。 お客様とお店側が心をかよわせて、初めて本当のおもてなしができると私は考えております。
 
 そのように心がかよった時には、きっと、堅苦しいだけ、と、思われていた料亭でのお食事の時間が、より一層楽しいものとなると思います。
 
 コロナ禍の厳しい時代はありますが、感染予防対策を施し、料亭文化を守るべく励んでおります。 どうぞ、たくさんのロータリアンの皆様にお出かけいただけますこと、心よりお待ち申し上げます。



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

伊藤さま  ありがとうございました。
 
 伊藤さまは、現在ロータリアン、名古屋アイリスロータリー クラブに所属されていらっしゃいます。
 私とは、名古屋ベンチャークラブ(ロータリーのローターアクトと同様の組織)でご一緒に活動いたしました。ご一緒に活動できたのは短い期間でしたが、様々な奉仕活動をいたしました。
 「香楽」とも、父からのご縁が深く、最近は知人のご縁もあり、久しぶりに美味しいお料理をいただき楽しいお時間を過ごせました。
 「香楽」周辺は「文化のみち」と呼ばれ、江戸時代からの貴重な建築遺産や町並みなど歴史的な遺産を楽しめます。
 コロナの影響でどの業界も厳しいご時世、伝統の文化、料亭としての格を維持し続けることは並大抵のことではないと思いますが、失くしてはいけない日本の誇れる「おもてなし」の文化、私たちも料亭を訪れ、できる限り応援したいと思います。
 
香楽 HP http://www.kouraku.ne.jp/chikaramachi.html
 
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm