メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2019年9月11日開会 (通算265回)

例会開催期間は、毎週水曜日0時より、翌週水曜日0時までとなっております。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

新しい一週間が始まりました。今週もよろしくお願いします。

今月は「ロータリーの友月間」です

私の「友」との出会いは前の職業の社長さんがロータリアンで(これが私がローターアクトに入るきっかけです。)「友」が職場の休憩室に置いてありました。初めはパラパラと見ていましたが、アクトに入会し記事の意味が分かるようになると読み始めました。
それから約25年遠ざかっていましたがロータリアンになってから再会しました。当時より薄くなりましたが各地区の活動がよくわかります。当クラブは仕組み上クラブに届いてすぐお手元に届きませんが必ず一読下さい。

7日に夕方にアクト時代の友人を招待して鈴木エレクト宅で食事会をしました。
私と鈴木エレクト、林会員と3人の参加でしたがその友人を含めて同じ時代に活動をしていたので当時の思い出、今だから話せる話、今後のことを話し午後5時から気がつけば午前0時を回っていました。
彼(五藤丈二君)は名古屋市在住で会社を経営されています。アクト時代、地区代表を経験している人物でロータリーの仕組みは申し分ないです。入会に関しては前向きに検討してくださっているのですが、ただ、今年からボーイスカウトの役員を引き受けているとのことでその仕事が順調になれば入会していただけるみたいです。近いうちによいご報告ができると思います。

今、「ロータリー通解」という小冊子を読んでいます。ガイ・ガンディカー氏の書かれた物ロータリーで小堀憲助氏の訳です。訳がでたのが1989年で本文は1971年です。内容はみなさんに是非読んでいただきたいので書きませんが、初期のロータリーのお話しです。主に職業に関しての話です。二回ほど読みましたが、かなり難しい内容です。FB上で販売しているので興味がある方は一読ください。

ガイ・カンディカー氏は1923-24年度のRI会長で関東大震災時、援助金を彼の名前で送金されてきました。

今週はアクト時代の話ばかりになりました。やはりアクトがあってのロータリアンである自分がいるのです。

メークアップ&スマイル

下記の皆様よりスマイルボックスを頂きました。

愛知ロータリーEクラブ 岡田竜治君
「息子がセレクションに合格致しました。 」



下記の、36名の皆様よりメークアップを頂きました。

棚橋剛大様

関口徹様

岡田崇裕様

柴田泰伸様

峰澤彰宏様

寺田博正様

清田晋也様

佐々木康浩様

岡田拓也様

加藤久視様

山本直様

近藤喜典様

杉本郁夫様

野村裕芳様

松山剛久様

森藤左エ門様

小川晶露様

原田實太郎様

岩田雅之様

平井元貴様

長谷川周義様

林富徳様

日置教康様

松谷一機様

小島哲夫様

原田立朗様

丸尾和弘様

鈴木又右衞門様

後藤正幸様

小野寺忍様

石田晴彦様

犬塚一彦様

鈴木江理様

中垣潔様

小宮山宜克様

深谷憲夫様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

★出席報告         
  第262回 例会 (08/21~08/27) 補正出席率 95.00%
  第263回 例会 (08/28~09/03) 当日出席率 90.00%
  第264回 例会 (09/04~09/10) 当日出席率 65.00%


★9月のロータリーレート  

 106円  (参考 8月ロータリーレート : 108円)

卓話

いよいよ始まる「消費税率引上げ・軽減税率制度」

愛知ロータリーEクラブ 森 俊明
いよいよ、来月10月から実施される「消費税率引上げ・軽減税率制度」。
みなさんは、既にご理解されていますか?私を含め、弊社でも顧客に対して色々ご提案させて頂いておりますが、一度自身の勉強の為にも再度確認したいと思います。

まず、「消費税率引上げ・軽減税率制度」は、「全ての事業者」に影響があるということです。
そして、消費税率が現在の8%から10%に引上げられますが、一定の商品・サービスについては軽減税率制度により8%になります。
対象品目の税率を正しく判断するためには、酒類の定義や外食の定義を把握しなければならず、価格表示をどうするのか、請求書を含めた事務処理をどのようするか、これらを従業員が理解し対応していくための教育やシステムが必要です。

1. 税率の引上げに伴って価格表示の変更が必要かどうかを検討する。
表示方法(総額表示、外税表示、税抜価格の強調表示)によって、価格表示の変更が必要かどうかが異なるため、同じ商品でも店内飲食かテイクアウト等かで税率が異なったり、お客さんが混乱しないように、どちらの税率が適用されるか、わかりやすく表示する必要がある。


 
軽減税率対象商品を販売していない場合
消費税転嫁対策特別設置により、様々な表示方法が可能となり、価格表示の変更が必要か確認するとともに、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、今一度表示方法を検討すると良い。 

2.軽減税率制度導入によって、事務処理の変更が必要になる。
軽減税率制度導入後は、販売の際に複数の税率が混在する可能性があり、自社(自店)の中でどの事務処理を変更する必要があるのか確認し、対策を検討する。レジの入替や受発注システムの改修が必要になる可能性があるため、早めの対策が重要。


 
区分記載請求書のパターン
区分記載請求書では、「軽減税率の対象品目である旨」と「税率ごとに合計した対価の額(税込)」を記載する必要がり、記載のパターンは上記書式がある。


3. 軽減税率の対象は、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行で定期購読される新聞」。
全ての飲食料品が軽減税率の対象となるわけでなく、酒類や外食はその対象外となり、対象品目の税率を正しく判断するためには、酒類の定義や外食の定義を把握する必要がある。

【8%軽減税率対象】
 ・生鮮食品/加工食品(食用肉や魚、菓子など)
 ・飲料(ミネラルウォーター、ジュース)
 ・持ち帰り可能な弁当など宅配や出前
 ・定期購読の新聞



【10%標準税率対象】
 ・外食(レストラン等での食事、店内飲食)
 ・飲食(ビール、ワイン、調理酒など)
 ・医薬品/医薬部外品(市販の薬、ドリンク剤)
 ・水道水




このほかにも、軽減税率補助金や、キャッシュレス・消費者還元事業、消費税転嫁対策特別措置法など、聞きなれない言葉が多く出てきますので、再度しっかり勉強して、来月に備えて行こうと思います。
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm