メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2019年7月24日開会 (通算259回)

例会開催期間は、毎週水曜日0時より、翌週水曜日0時までとなっております。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

(2019/07/20 実例会での会長挨拶)

こんばんは。
お話をする前に、まずもって、今回、起きました京都の大きな放火事件に対して、哀悼の意を捧げたいと思います。
それと、今日は朝から対馬五島列島の方で大雨になりました。実は私の後輩に五島列島の出身者がいまして、よく冗談で、「自宅から長崎空港へ帰るよりも、そこから実家に帰るのが長いんだ。」といっておりました。あれほどの雨が降って、彼女の実家がどうなってるか心配なんですが、まあ何事も犠牲者が出ないということ願っています。

1年間、どのようにやっていこうかと思っておりますけど、少し変わったこと、変化点をつけていきたいと思います。私はどうしても「技術屋」ですので、変化点という言葉を使いますが、変化点をつけてやってきたい。それでダメだったら鈴木エレクトのほうの年度で、また戻していただければいいし、良いなと思ったらそれを続けてもらえればいいので、なんとか、Eクラブのひと月一度集まる例会の出席率も上げたいと考えておりますので、ご協力のお願いいたします。

幹事報告

【ガバナー事務所より】
 ①第3回地区公共イメージ向上委員会のご案内がありました。対象者:稲熊さん
 ②お盆における住宅対象侵入盗の未然防止対策のお願いが届いております。ご案内 地域安全対策ニュース

【2019-20年度地区大会実行委員会より】
 地区大会のご案内がありました。

【江南RC様より】
 創立55周年記念事業のご案内が届いております。ご案内 西込まで。

【クラブ内報告・連絡】
 ①クラブ計画書を郵送させて頂きました。今年度の活動予定などご確認下さいませ。
 ②メークアップについて、原則として例会日(更新日)の前後14日以内に行なう事とします。ただし年度内は有効です。
 ③今年度第1回理事会を開催しました。議事録はサイトにてご確認下さい。
 ④8/24(土)第2回理事会と第263回例会を行います。詳細は改めてFBイベントにアップします。

メークアップ&スマイル

下記の皆様よりスマイルボックスを頂きました。

愛知ロータリーEクラブ 岡田竜治君
「長男の小学校2年~高校3年、野球生活が終わりました。 楽しく応援が出来ました。有難う御座いました。」

愛知ロータリーEクラブ 岡田竜治君
「娘の市大会、優勝!!」

瀬戸RC 加藤五津美様
「お世話になります。」



下記の、47名の皆様よりメークアップを頂きました。

南鉉様

岡田崇裕様

天野敬之様

川合誠治様

神保成章様

古橋武之様

村瀬啓方様

丸塚道弘様

権田淳裕様

高橋正之様

伊藤祐人様

安田幸雄様

高木友江様

石塚久継様

佐々木康浩様

奥山惠理子様

森本季伸様

小林由和様

稲垣良次様

竹本秀明様

丸尾和弘様

酒井泰明様

小林佳雄様

野々垣雄介様

山羽学天様

永井克彦様

加治幸夫様

平塚聡志様

宮川尚人様

近藤耕次様

中川洋二様

平山秀一様

板垣直人様

長谷川周義様

岡田雅彦様

岡本宏一様

加藤浩道様

杉山仁朗様

山川富喜子様

坂田吉郎様

加藤五津美様

金子豊久様

森康美様

水野和郎様

浅野了一様

二宮英樹様

長畠悠貴様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

2019年7月20日に行われました、実例会の報告

日時:7月20日(土) 18時から
場所:ホテルキャッスルプラザ


 江南ロータリークラブ 会長 岩田静夫 君
 江南ロータリークラブ 幹事 中村耕司 君


 出席会員数:8名 出席率:40%


 〇本日はお邪魔します。楽しみにしていました。宜しくお願いします。(江南RC 岩田静雄君、江南RC 中村耕司君)
 〇一年の始まりです。宜しくお願いします。(尾野英二君)
 〇今年度スタートしました! 1年間よろしくお願いいたします。(西込修司君)
 〇第1回 理事会、実例会、開催を記念して。(天野元成君)
 〇新年度第1回目の例会ですね。今年もよろしくお願いいたします。(森俊明君)
 〇今年度、楽しい活動を皆様としたいです!(林佳代子君)
 〇例会に参加して。よろしく。(西田忠幸君)
 〇新しい年度が始まりました。よろしくお願いします。(吉原照芳君)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

例会終了後、懇親会での料理



-----------------------------------------------------------------------------------------

  ★出席報告         
  第256回 例会 (07/03~07/09) 補正出席率 95.00%
  第257回 例会 (07/10~07/16) 補正出席率 95.00%
  第258回 例会 (07/17~07/23) 当日出席率 70.00%


★7月のロータリーレート  

 108円  (参考 6月ロータリーレート : 110円)

卓話

本年度について

愛知ロータリーEクラブ 会長 尾野英二 君

今年、テーマを決める時に「どうしようか」と考えまして、こればっかりは自分で一人で決めなきゃいけないと思いまして、

「REBORN」

 「生まれ変わる」とオーバーなんですけど、「今やり直す」と言うと何か縁起の悪いような言葉ですけど、「生まれ変わる」=「もう一度、Eクラブって何だ。Eクラブの形に戻りたい」ということを強く思いまして、実は、「REBORN」というのが今年のテーマです。

「ロータリーを楽しむ」とか「ロータリーを楽しんで」とか私が書しまったものですから、今年の私のテーマだと思われてしまったのですが、実は、もう一度やり直そうと言うと何か縁起でもないことがないですけど、「もう一度Eクラブってなんだ」というところへ戻ってきたいなと思います。

そこで何を考えたかです。どうしてもロータリークラブというと、奉仕、事業活動ということを、私たちこの5年間、いろんなことをやってきたのですが、そうじゃなくてクラブ員同士の親睦、クラブのみんなが楽しんでもいいのではないか、ということを強く思って、私が「ロータリーを楽しむ」と叫び始めたのですが、それは一つとしては、長年の夢だった「ゴルフのコンペ」みたいな事を皆さんでやっていただいて親睦を深め、「楽しいな」「楽しかったね」と次の実例会で言えるようなクラブにしたい。あと、多くのクラブではやってらっしゃいます「一泊旅行」をしてもいいですし、何かスポーツをやってもいいですし、観劇や歌舞伎、能、狂言など、なにか「楽しいな」という思い出をもう一度話し合えるようなことをやっていきたいと思います。

ご存知の通り実例会は初めてところは出席率は高かったのですが、少なくなってきてしまいまして、なんとか15人以上20人に近いような実例会を目指していくには、やっぱり日頃の付き合いを増やしたい。月一度を守りながらら他にちょっと会えないかなっていうことを少しずつ考えていきたいなと思っています。これは皆さんがロータリーを楽しむということに関しては私は「何か専門」と言うとはオーバーですが、「何か夢中になること」、「何かか詳しくなる」ということを、お一人一人に作っていただけないかと思います。

例えば、大野会員や山下会員は青少年奉仕のRYLAで活動されてます。西込会員や稲熊会員はクラブ運営に対してはすごくエキスパートなっていただていますし、岡田会員は青少年の問題について一生懸命やっていただいていますし、天野会員も国際奉仕とかの社会奉仕に絡めた話で他地区のEクラブとでことで一生懸命にやっていただいていますので、なんとか自分で何か、ロータリーの活動の中で自分が得意というか、特に何か詳しくなるようなことを見つけていただけないかと。そういう人たちが集まった集合体というクラブを目指していけれないかと思います。

「ロータリーを楽しむ」ことには二つの意味があって、ひとつは、「クラブの親睦」。ひとつは、何か自分で興味をもってロータリーの活動の中で何かやっていただけないかな。と思っています。

次に財団と米山なのですが、私は寄付は本人の意志だと思ってます。ただ、ご存知の通りクラブにの大きさによって目標があります。目標をクリアしようとしまいとハンディはないはずなんですが。
一度、財団や米山に興味を持ってほしい。一度、勉強してほしい。これは日本事務局や米山のホームページを見たり、資料など問い合わせばわかることなんです。

「財団に寄付しろ」とか「いくら寄付してください」とか「全員ポールハリスフェローになってクラブの100%の表彰を受けましょう」などとは言いません。

私の知っているクラブの話なのですが、一つのクラブは、会員の皆さんに「米山と財団に寄付してください」という話を全員にしたそうです。一人一人を説得したのですが、どうしてもお寄付をしたくないっていう方が何人かいて、そのクラブは、その人達を退会させたそうです。辛い判断だったそうですが。次のクラブは入会時にもう、米山にいくら、財団にいくらと入会の時の諸費用に入ってます。もうひとつのクラブは「少額でいいので一年に一度でいいから決まった金額を寄付しましょう」、「1年に100ドル寄付して10年でポールハリスフェローになろう」といういうのがそこの合い言葉だそうです。

私が、我がクラブを考えたとき、全然そんなこと思ってませんので、本当に自分の皆さんの意志だというふうに考えています。
その中で意思を作るために財団や米山を勉強して欲しいのです。ホームページを見ていただくてもいいですし、日本事務局へお問い合わせいただければ、骨折丁寧に説明していただけますし資料も送っていただけます。一度、財団や米山にに興味を持ってほしい。このことが今年の私から皆さんへのお願いです。

 My Rotryに登録している方は自分の寄付額と自分の今のステータスがどこだっていうことが見れますので、そのままクレジットカードの画面へ行って「ポチ」っていただければなんとかなりますので、少しだけでも寄付していただけると...


あと、いろいろ言おうと思ったんですけど、時間が残り少なくなりましたので、

最後に「そろそろ、年会費を少しだけ上げなくてはいけなきかな」と、実は会長になる時に思っていました。でも、「その前にやれることがあるんじゃないか」と幹事さんと話をして、今の年会費でやっていけるかどうか、やらないといけないことから、もう一度考えてみたいと思います。
一年でケリをつけるとかかたをつけるとかっていう周年行事みたいなものではありません。お金の事ですから全員揃って全員の気持ち、意見も聞きたい。早急に結果を出すとは絶対に思ってません。ゆっくり慎重に、もう後戻りできないようなところもあるけど、考えていきたいと思いますのでどうかよろしくお願いいたします。



 
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm