メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2019年7月3日開会 (通算256回)

例会開催期間は、毎週水曜日0時より、翌週水曜日0時までとなっております。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

新しい一年が始まりました。みなさんよろしくお願いします。先期はクラブにとって大きな試練がありましたが、みなさんのご協力を得て乗り越え、無事5周年を終えることができました。実行委員の一人として御礼申し上げます。
 
さて、今期はみなさんに「ロータリーを楽しんで」もらいたいです。
難しくて格式ばったものでなく、身近なものに感じ体験ほしいです。
継続事業になっている西尾市の少年ソフトボール少年団を通じての衣料支援、今期は新しく東京へ輪を広げて行きます。
これもみなさんのご協力なくしては成り立ちませんのでよろしくお願いします。
 
次に財団、米山です。私は基本的には寄付は「みなさんの意思」と思っています。しかしながらクラブには目標が与えられますので、先ずは財団、米山の仕組みを勉強して関心を持ってください。
当クラブは20人の少数クラブですので理事・役員がひんぱんに回ることになります。どなたがひきうけても不思議ではないので積極的に参加してクラブ運営を盛り立てていきましょう。
 
もう一度になりますがどうか「ロータリーを楽しむ」を実践して楽しいクラブにしましょう。それにはロータリーを勉強してください。
 
私がエレクトを引き受けることが決まった時、田中先生(パストガバナー)から「そろそろ新しいことに挑戦して」と肩をたたかれました。私の一年では実現することができるかどうかわかりませんがみなさんと共に考えていきたいと思います。
一年よろしくお願いいたします。

幹事報告

【ガバナー事務所より】
 ①「第6回WFF実行委員会」のご案内が届いております。対象者:稲熊さん・于さん
 ②地区便覧の変更・修正がありましたので、お持ちの方はメールにてご確認下さい。
 ③「財団室NEWS 2019年7月号」が届いております。

【ガバナー補佐事務所より】
 IMクラブ奉仕活動紹介ビデオ作成の依頼がありました。

【瀬戸北ロータリークラブ様より】
 東尾張分区 会長幹事会のご案内が届いております。

【クラブ内報告・連絡】
 ①年会費のご請求をさせて頂きました。今月中にお振込みをよろしくお願いいたします。
 ②クラブ計画書が間もなく完成いたしますので、完成次第お届けいたします。
 ③7/20(土)17:00~ 第1回理事会 キャッスルプラザ 4F 「山吹の間」 FBイベントより出欠入力お願いいたします。
 ④7/20(土)18:00~ 第259回例会 キャッスルプラザ 4F「鶴の間」 FBイベントより出欠入力お願いいたします。
 ⑤8/24(土)第2回理事会と第263回例会を行います。詳細は改めてFBイベントにアップします。
 ⑥ロータリーの友7月号 こちらから ID・パスワードは毎回同じです。冊子版が必要な方は西込まで。
 ⑦お願い 各種ご案内がありますので、早めに例会にご出席下さい。情報は早くキャッチして頂ければと思います。

メークアップ&スマイル

下記の皆様よりスマイルボックスを頂きました。

愛知ロータリーEクラブ 岡田竜治君
「最後の夏が始まりました。 6/29初戦、運よくコールド勝ち。」

瀬戸RC 加藤五津美様
「お世話になります。」



下記の、44名の皆様よりメークアップを頂きました。

本間秀樹様

岡田崇裕様

柴田泰伸様

浅野了一様

中谷庄司朗様

舟橋龍秀様

泉谷正紀様

竹本秀明様

杉浦新八様

安藤順太朗様

小笠原良様

保多正博様

山松健一様

高木友江様

水嶋淳様

吉原孝彦様

佐々木康浩様

芳村浩次様

高槻一雄様

吉田弘幸様

武内英治様

南鉉様

藍原雅裕様

草地邦晴様

石川泰隆様

川田武司様

小林佳雄様

平子健様

原田立朗様

岩永光司様

寺野伸一様

貴田永克様

淺野信二様

早川勝博様

権田淳裕様

青山周平様

八谷陽様

鈴木忍様

岩崎洋平様

水野和郎様

内藤秀樹様

加藤五津美様

松井雅史様

桐山貞善様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

 ★出席報告         
  第253回 例会 (06/12~06/18) 補正出席率 95.24%
  第254回 例会 (06/19~06/25) 補正出席率 90.48%
  第255回 例会 (06/26~07/02) 当日出席率 95.24%


★7月のロータリーレート  

 108円  (参考 6月ロータリーレート : 110円)

卓話


2018年には前年度よりも多くの野生型ポリオウイルスによる発症が報告されました。ポリオのない世界を実現することの希望は失われたのでしょうか。インターナショナル・ポリオプラス委員会のマイケル K. マクガバン委員長が、ポリオ撲滅が可能であることの理由、そして「ポリオのない世界」を実現するためにロータリアンにできることを説明しています。


1. 2018年は2017年よりも多くの野生型ポリオウイルスによる発症が報告されました。ポリオのない世界を実現することの希望は失われたのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。発症数ゼロに近づくにつれて数が多少変動するであろうことを予測していました。この4年間での発症は毎年100件以下となっており、これは大きな進展が成されていることを物語っています。ポリオが脅威となっている地域で政府やロータリアンが懸命に活動しており、、目標は確実に達成されるでしょう。    


2. ポリオのような疾病をなくすことは、なぜ難しいのですか?

ポリオワクチンがすぐ手に入る米国でさえ、ポリオをなくすのに20年の歳月を要しました。現在ポリオの活動に取り組んでいる地域には米国のような保健システムがなく、活動はより困難となります。


3. 現在どのような課題に取り組んでいますか?

ロータリーは、野生型ポリオウイルスの常在国(アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタン)で、長年にわたり活動を続けてきましたが、これらの国の一部の人々は、資金がポリオに使われ、ほかのニーズに使われないことを懸念しています。また、ポリオ予防接種(特にポリオのみに有効なワクチン)を受け続けることに対する抵抗もあります。そのため、目下の課題は、ポリオ予防接種にほかのサービスを加えて市民や子どもたちに提供することで、保護者の支持を得るための方法を見つけることです。これがつまり、「ポリオプラス」の「プラス」にあたるものです。


4. 活動地域での武装衝突はどう影響しますか?

武装衝突により予防接種活動がはるかに困難になります。GPEIでは、政府だけでなく、反政府分子への対応も行っています。ロータリーでは信頼とサポートが得られるよう尽力していますが、数カ月、ときには何年も予防接種を行えない地域が存在しています。


5. 予防接種を受けられなかった子どもがいる場合、予防接種チームはそれをどのように確認するのですか? チームが把握していない子どももいるのでしょうか?

そこは対策が功を奏しているようで、予防接種を受けることができない子どもの数は減ってきており、今後もその数を減らしていくことが課題となります。ナイジェリアでは、国内で2年間発症がなかった後の2016年にボルノ州で数件の発症がおきるという事態となりましたが、それ以来ロータリーは多くの対応を行ってきました。今ではGPSマッピング機能を用いて子どもたちの場所を確認し、自治体と協力してすべての子どもたちが確実にポリオワクチンを接種できるようにしています。


6. 最近の成果としては、どのようなものがありますか?

ポリオ常在国を除けば、世界ではこの約5年間、野生型ポリオウイルスによる発症が出ていません。ナイジェリアでは限られた地域において発症が報告されましたが、その後約3年間、野生型ポリオウイルスによる発症は起きていません。


7. ロータリアンが知るべき一番大切なことは何ですか?

私はアフガニスタン、ナイジェリア、それにパキスタンでのロータリアンの献身、粘り強さに非常に感銘を受けています。彼らは懸命に活動しています。彼らの活動は驚くべきものです。

ロータリアンは常に前向きに支援していかなくてはいけません。そして政府のリーダーたちに対して、継続的に資金援助していくことの必要性を訴え続けなくてはいけません。目前に迫ったゴールをみすみす逃すことはできません。


 
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm