メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2018年10月24日開会 (通算225回)

例会開催期間は、毎週水曜日0時より、翌週水曜日0時までとなっております。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

             『鶴渡る大地の阿保日の阿保』 富澤赤黄男
  極めつき季語として「鶴渡る」シベリヤなどの北方から日本列島に鶴が渡ってくること。「鶴来る」とも言うようです。越冬地としては鹿児島県出水市が有名です、約1万羽の鍋鶴(なべづる)、3000羽の真鶴(まなづる)がここで冬を過ごす様です。北海道の釧路に棲息する 丹頂鶴(たんちょうづる)は 留鳥であって、渡ることはないとの事です。
 
  昨日10月23日(火)は 村井ガバナー公式訪問で 名古屋城北ロータリークラブとの合同例会でした。ネット例会を主としているEクラブは Face to Face の例会は新鮮味があり 良い刺激になったと思っております。会員は勤務者が多くウィークデーの昼の例会の参加は難しいのですが、理事を中心に9名の参加、例会終了後は理事会を開催しました。会員参加の方も理事会にオブザーバー参加しお互いに近況報告をしあい チャットでは味わえないニュアンスのつながる楽しいひと時でした。我々のEクラブでは毎月の理事会を土曜日を主に夕方から始め会員のオブザーバー参加もあり終了後は クラブフォーラムを開き研修などを開催しております、その後の会食も楽しみの一つです。
理事会日の設定は 地区・分区等の行事の前後に合わせています、ガバナー補佐訪問・ガバナー公式訪問・地区大会・インターシティミーティング(IM)・PETS・地区研修協議会等、比較的集まりやすい環境にしています。

幹事報告

【RI第2760地区ガバナー事務所より】
 ①ガバナーノミニー(2021-22年度ガバナー)の候補選出のご報告がありました。 こちらから
 ②職業奉仕委員会会議のご案内がありました。 こちらから
 ③ガバナー月信(2017-18年度最終号)修正のご連絡がありました。 こちらから
 ④日本事務局よりハンブルグ国際大会のご案内資料が届いております。 こちらから
 ⑤RIより偽証Eメール・ソーシャルメディアアカウントへの注意喚起がありました。


【公益財団法人ロータリー米山記念奨学会より】
 米山記念奨学委員会より合同忘年会のご案内が届いております。 こちらから

【瀬戸RCより】
 幹事変更のご連絡が届いております こちらから

【例会変更】
 瀬戸北RCより こちらから

【会報】
 瀬戸北RCより

メークアップ&スマイル



下記の、39名の皆様よりメークアップを頂きました。

古久根進様

岡田崇裕様

竹本秀明様

舟橋龍秀様

鈴木一正様

酒部圭司様

加藤克弘様

赤岡功様

早川勝博様

佐々木康浩様

山口太郎様

南鉉様

加藤浩道様

森康美様

上田寛明様

杉山俊定様

原敏城様

早川康司様

伊藤清隆様

高橋正之様

藤森至様

榊原源一様

野村裕芳様

大池武徳様

武元洋介様

宮川尚人様

櫻井健弘様

加藤雄一郎様

末澤市子様

佐々木信和様

水口二良様

畔栁秀幸様

宮本周司様

鳥居慶輔様

水野和郎様

三島由貴様

高木友江様

岡本和士様

柿田嘉久様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

★出席報告         

  第222回 例会 (10/03~10/09) 補正出席率 72.73%
  第223回 例会 (10/10~10/16) 当日出席率 63.64%
  第224回 例会 (10/17~10/23) 当日出席率 59.09%


★10月のロータリーレート  

 112円  (参考 9月ロータリーレート : 112円)

卓話

ロータリークラブの思考

愛知ロータリーEクラブ 西田忠幸 
「夢を追う世紀」といわれた20世紀から「心の世紀」といわれて迎えた21世紀の時代は「生き残りを掛ける世紀」ともいわれます。日本社会の現状を見ると人口減少からの少子高齢化,、新世代の価値観の変化等、問題を山積しての幕開から五半世紀になろうとしております。
 世界のロータリーは1997年から会員の減少が始まりましたが、日本はその前年の1996年(平成8年)から会員減少の兆候が出始めました。世界第2位のロータリー国と評された日本も21世紀になって退会者増による退潮の兆しは顕著で、国内各ロータリークラブはその対策に追われ始めています。
 2000年6月120,864名であったロータリアンは、2004年6月 103,618名、2010年9月 89,388名、2018年6月 88,087名と退潮甚だしく実に18年で32,777名を数える会員の減少を見ました。

 

① 日本ロータリークラブ誕生
 1920年10月20日東京ロータリークラブが誕生しました。初代会長米山梅吉翁の功績は極めて大きいものが有りますが、日本人最初のロータリアンは初代幹事の福島喜三次氏(1915年ダラスロータリークラブのメンバー)で福島氏が会長を自分の親会社(三井)の上司である米山氏に功を譲る形とした事が後々社会的地位とロータリアンの平等性とに混乱をもたらす結果となりました。
 東京クラブの会員は財界の大御所と呼ばれた大企業(三井・三菱・住友・安田)の社長重役の方々がチャターメンバーとしての発会は、最初の人選が前例となり風評は今でも「金持ちのクラブ」「財界人が入会するクラブ」という錯覚を生み新会員勧誘の障害と考えられています。
 しかし1923年9月1日に起きた関東大震災は首都壊滅と報じられた大震災でしたが何処よりも早くその報に対処したのは世界のロータリアンでした。
 RI本部をはじめ世界各国の500余のクラブから続々と義援金や救援物資が大阪ロータリークラブに寄せられ、支援は復興に大きく寄与し復興の一助として貢献された事が報道され全国民から感謝されて後、ロータリークラブが再評価を得て全国に相次いで新クラブ誕生の契機ともなりました。

 

② 愛知ロータリーEクラブ誕生
 新生された愛知ロータリーEクラブも早5年が経過し、会員皆様方もロータリー世界の一員たる使命感を涵養されておられれます。私自身15年のクラブの一員として在籍しましたが、初めてロータリーの世界と真摯に対面したとき、ロータリー生活はいったい何で有るかと、自分自身その無見識と無理解に困惑いたしました。ロータリーは世界共通のクラブ活動です。そのクラブの運営は自治であり会員同士に等差がつかず、職業分類という点であらゆる会員がまったく平等な立場にあります。それは世界共通の合同理解であり世界共通の交流・親睦活動がよどみなく出来きてその理解周知でロータリーアンの友情も生まれます。
 会員の皆様がロータリアンとして活動されますとき、社会の常識感覚とが些か違うことに直面された戸惑いを感じられた経験をお持ちでは在りませんでしたか。
 ロータリーの公文書の中で「ロータリーは、基本的には、一つの人生哲学であり、それは利己的な欲求と義務およびこれに伴う他人のために奉仕したいという感情との間に常に存在する矛盾を和らげようとするものである。この哲学は奉仕の哲学であり、実践理論の原理に基ずくものである。」と定義されています。
 具体的にはロータリーには二つの奉仕理念(基本的な考え方)があり、一つは「職業奉仕の理念」もう一つは他人の事を思い遣り他人の為に尽くすという「人道的奉仕活動の理念」です。
「奉仕の理想」とは「他人の事を思い遣り、他人の為に尽くす」という解釈が付されています。

 

③ 「入りて学び、出でて奉仕せよ」
 ロータリークラブの思考を良く理解できないと自分自身に戸惑いが生まれます。会員が等しく、まず取り組む課題はロータリーが伝えんとするロータリー秩序を学習されることが大切です。
 

④ ロータリアンの権利と義務と特典
 権 利  ロータリー・クラブ会員は、ロータリアンとして尊敬され国際ロータリーの記章・バッチまたはその他の記章を着用する権利を与えられます。
 義 務  一、ロータリー・クラブ会員は、国際ロータリー定款・細則並びにロータリクラブの定款・細則に従い、その規定を遵守しなければなりません。
      一、ロータリー・クラブ会員は、クラブ例会に一定の基準以上出席しなければなりません。
      一、ロータリー・クラブ会員は、『ロータリーの友』を購読。
      一、ロータリー・クラブ会員は、協力金・年会費を納入しなければなりません。
      一、ロータリー・クラブ会員は、地域社会における各種職業を代表する者としての責任を持たねばなりません。
      一、ロータリー・クラブ会員は、クラブから何事か依頼された場合、進んで引き受けるよう務めなければなりません。
 特 典  ロータリー・クラブ会員は、世界のロータリアンと交友し親睦を通して友好を広め品性を磨き、地域社会の職業人の代表として絶大な信用を得られます。
 

④ 四つのテスト
「四つのテスト= 「Four-Way Test」はロータリアンの心構えをロータリーの倫理基準から具体的に記述したものが「ロータリー倫理訓」だとすれば、それを具体的に理解できるよう簡単的確に纏めめたものが「四つのテスト」です。
 1954年四つのテストは世界各国の言葉で翻訳され、広く活用されています。「四つのテスト」がロータリアンの倫理を導くための四通りの基準と解してはなりません。それは四通りと考えるならば[Four-Way Tests]と複数形になります。
 これが単数形なのはロータリアンが倫理基準を1つずつクリアーすれば良いのでは無く四つを纏めたものを1つの基準として、その全てををクリアーしなければけ成らないことを意味しています。


⑤ ロータリーアンの拠り所
 先達の深い人生哲学の教え、「紳士ゆえにロータリーの仲間に成れるのでなく、ロータリーの仲間に成ったから紳士と認められる。」クラブは同好の者の集い、奉仕を志す者の集いであります。社会にはルール(規律・規則)が在り、ルールにはマナー(礼儀)がセットされますがロータリーにはさらに高尚・高潔なモラル(倫理・道徳)が必然致します。
 「ロータリークラブ」は親睦と社会奉仕をモットーに設立された国際的な社交団体と定義されていますが、ポール=ハリスは「凡そ、ロータリー会員は身分の高下と貧富に別無く、人種に拘らず、宗教家たるを問わず、政治家たるを論ぜず、寛大・忍耐・正義・親切・友誼・親愛を我らの知る最善の小世界の住人の人々に好意を伝へる使節として終始するものである。」と諭し彼の創始したロータリークラブを完成させた。    了
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm