メークアップ
今週の例会
sp_menu_btn

reaikai_h2

2018年2月21日開会 (通算192回)

例会開催期間は、毎週水曜日0時より、翌週水曜日0時までとなっております。

開会点鐘・歌の斉唱

会長挨拶

  皆さま、こんにちは!

  2月21日からの愛知ロータリーEクラブの例会が始まりました。
インターネットを通じて、この一週間で参加していただいております。

  先日の2月17日は、愛知ロータリーEクラブにおいて、第8回理事会・クラブフォラームを開催いたしました。

  また、この日は、羽生結弦選手が平昌オリンピック フィギュアスケートの男子フリーで金メダルに輝きました。66年ぶりの二連覇を飾り、日本勢では第一号目の金メダルに輝きました。
  そして、愛知県瀬戸市出身の藤井聡太五段が、朝日杯に最年少15歳で棋戦優勝六段昇段をしました。国民栄誉賞を受賞したばかりの羽生善治(はぶよしはる)竜王に準決勝で勝利し、廣瀬章人(あきひと)八段を相次いで破って優勝した。

 2月17日は、とても嬉しく、喜ばしい日になったように感じたのは、私だけではないでしょう!
 メディアは悲惨な情報をよく流すことが多いですが、感動したりする良いニュースは気持ちがよいものですね。

 今週も健康で元気なロータリー活動ができますことを願っています。


※2月16日東尾張分区の会長幹事会にて

幹事報告



下記の、50名の皆様よりメークアップを頂きました。

宮谷和憲様

松森正和様

尾関育良様

須賀祐介様

桜井博教様

片岡憲明様

鈴木淑久様

岩崎幸弘様

石田国大様

中島泉様

寺野伸一様

細川雅也様

鈴木重則様

山口嘉都様

渡辺敬治様

森藤左エ門様

竹本秀明様

久保田洋一様

権田淳裕様

戸田由久様

辰巳健様

佐々木康浩様

中内田耕三様

近藤耕次様

安田幸雄様

伊藤正明様

磯貝謙太郎様

浅野安郎様

岡本宏一様

宮園隆貴様

佐分利清信様

神保成章様

田畑裕生様

松谷一機様

鶴峯悦史様

佐々木勇人様

今井幸治様

山口誠一様

原田様

影浦健一様

水野和郎様

川新吾様

犬塚一彦様

鈴木忍様

南鉉様

宮本毅様

貴田永克様

尾関憲市様

高橋正之様

長谷川周義様



誠にありがとうございます。クラブを代表しましてお礼申し上げます。

※ご投稿頂いたあとにお支払いをされていないと証明書が発行出来ません。
送ったのに証明書が来ないなどご不明な点がありましたらお知らせください。

委員会報告

★クラブ管理運営委員会

 出席率報告
  第189回例会(1/31~2/6)   修正出席率86.96%
  第190回例会(2/7~2/13)  当日出席率73.91%
  第191回例会(2/14~2/20) 当日出席率73.91%



★2月のロータリーレート

 110円  (参考 1月ロータリーレート : 114円)

卓話

きもの

愛知ロータリーEクラブ 林 佳代子君

2018年、新年を迎え今年は着物を着る機会が何回あるだろうと思っていました。
そんな折、成人の日「はれのひ」の事件、若者世代は和服に関心なくなったと思われるこの頃、それでも成人式には振袖なんだなぁ・・と。
今回は「きもの」について取りとめもなく書いてみました。
 
ふと、我が家には一体何枚の着物があるのか・・・。
振袖、留め袖、色留め袖、訪問着、付下げ、小紋、紬、ウール、浴衣など。
祖母、母、妹たちのものまで・・・ そう、妹たちは一人で着付けることは
できないということで、ほとんどの着物を我が家に置いたまま嫁いでいます。(収納スペースを考えなくて良いし、自分で準備、後始末をしなくても良いし、着る時は母か私に着付けてもらうからという理由)
私たち四姉妹はお陰さまで両親に一通りの和服を準備していただきました。
それだけでも一人十枚以上、訪問着や付下げは二〜三枚、正絹だけでなく夏用の絽、コートや羽織も入れたら一人二十枚以上あるはず。そこに母のもの、祖母のもの、女物だけでも軽く百枚を超えます。そして能楽師の父の仕事着、黒の紋付が数十枚、色紋付数十枚、袴、裃、コートや羽織。
父は仕事で着ていたので作業着と同様、ほつれたり擦り切れたりの消耗品です。
私たちの場合、父主催のお能の会や発表会で着ることもあり、他の方々よりは着る機会が多かったと思いますが、それでもお茶会や結婚披露宴出席といった特別な理由がないと着る機会がほとんどありません。
祖母を思い出すと、外出にはいつも着物を着ていたように思います。ちょっとしたお出かけ、お稽古や買い物にはウールや小紋、御園座など劇場に歌舞伎や演劇を見に行くとき、お友達と旅行やお食事会には付下げや小紋、といった感じで生活の中に和服がありました。今、お能やお茶のお稽古をやめ、病気で仕事を辞めたため父の仕事の手伝いもなくなり、洋服の方が着た後の手入れも少なく気軽に着られるため、和服に慣れ親しんでいるはずの私でも外出に着物を着ることを敬遠しがちです。ただ、着物を着ると決めて、着物を選び、帯を合わせ、帯あげ、帯しめを選び、長襦袢や足袋などを準備する・・その過程は楽しく、うまく着付けができた時は「よしっ!」さあ出かけましょうとウキウキします。
せっかく持っているもの、使わないことが一番「もったいない」と思い、今年は和服が合いそうな時、場所には、なるべく着物で出かけようと思います。
最近運動不足のせいか、体が硬くなり、腕を後ろに回して帯を締める動作を上手くできるか、ちょっと心配ですが、やらないとますます着れなくなるので、頑張ろうと思います。
さらにもう一つ、着物を活用しようという気にさせたこと、リサイクルが日常になってきたこの頃、わが町大須にもリサイクルショップが多数あり、着物もたくさん売られています。そこで祖母の着物を少し整理し買い取ってもらおうとしましたが、買い取りは「タダ」同然! 元値は関係なく、引き取りは200〜500円、ウールの着物については引き取りできないという状況でした。それならタンスの肥やしにしておくのはもったいない、高かったもの、お気に入りのものこそ、どんどん着て楽しまなければ!と思った新春でした。
 
ありがとうございました。
取りとめもないお話で失礼いたしました。


      
絽の着物・帯                                 20年位前の家族写真
2017年夏、京都に所用で出かけた折、                        家族全員が元気だった頃、八勝館の舞台で
持参してホテルの部屋で着ました                        現在、父入院、次女(一番左)他界
メークアップはこちら
これまでの例会一覧
reikai_btm